製品紹介

Mini-Runner System
ホットランナーコールドゲートシステム
(ミニランナーシステム)
特許第1275021号

ミニランナーシステム

本装置のねらい

スプール・ランナーは常時溶融状態を維持させ、硬化するのは製品とゲートのまわりの一部だけとする射出成形装置です。
100%ランナーレスではありませんが、少ないロスで、大きな利益を生み出す構想のもとに開発致しました。


ミニランナー装置の構造と仕様

・本装置は機能性を主体に設計したもので、 極めて単純な構造となっています。
・熱源は、本体に装備されたヒーター1回路だけです。
・射出終了時のゲートシールは独特の機構になっており、糸引きやドローリングは起こりません。

ミニランナー設置構成図 I型タイプ

ミニランナー設置構成図 I型タイプ

ミニランナー設置構成図 H型タイプ (例:H150型ノズル長30mm-4 ノズル)

ミニランナー設置構成図 H型タイプ

ミニランナー装置の構造と仕様

  1. ランナー重量削減
  2. ランナー削減により、投影面積が減る。(成型機サイズに影響)
  3. 射出時間の短縮
  4. 冷却時間の短縮
  5. 多数個取り時の製品間のバランスが効率UP
  6. 製品の近くよりの射出ができ、充填効率UPによる品質向上。
  7. 成型条件の幅ができる。
  8. 製品レイアウトが、自由に設計できる。
  9. 安価である。(他社製、ホットランナーとの比較)
  10. 金型への脱着が容易
  11. 温度回路は、1回路でOK
  12. 電気使用量の低減
    (例)X kgの材料で製品が幾つ作れるか?
    コールドランナー時とミニランナー使用時の対比。
    ランナー削減分が、製品の比率として上がる。
  13. 粉砕機サイズが、小さくできる。

ミニランナー射出成形装置事例

ピンポイントゲート、ノズル受けブッシュクランプ参考図

事例1

事例2

○旧方式のピンゲート成形を、ミニランナーシステム成形に変えた場合のメリットは、単にランナーが小さくなるだけでなく、サイクルアップ・運転の無人化・2次作業の軽減など合理化効果は顕著です。

○ミニランナー装置を金型に装着する工事は簡単です。右図に示すように、金型天プレートに本体を取付固定の後、金型の剛性保持とマニホールドの断熱と保温をかねて、装置本体の4方面をスペーサーブロックで補強します。以上がミニランナーシステムとする必要工事ですが、これ以外は旧方式のピンゲート金型と変わりません。

ランナー比較事例

ランナー比較事例

標準規格/標準仕様

標準規格/標準仕様

ミニランナー用延長ノズル

ミニランナー用延長ノズル