会社案内

沿革Company History

1979年 第2次オイルショックにより、高度な技術を必要としうる、価格が高価,金型組込時の高精度が困難なため、ホットランナー開発を中止、ホットランナー開発中の経験を活かし、シンプルイズベストを目標として、ミニランナー装置の開発に着手,社内金型約290型ミニランナー装置装着改造を実施した結果,成形工場に多大なる貢献致しました。

     
1976年6月 株式会社明星金属工業所、ホットランナーシステム及び射出成形合理化機器開発目的とし技術部に入社
1980年3月 ホットランナー・コールドゲート方式金型特許申請
1981年6月 業界初のミニ粉砕機開発と同時に、製品ランナー分離装置開発
1983年2月 ホットランナー・コールドゲート方式金型(ミニランナーシステム) 特許取得
特許第1275021
1983年2月 日鋼YPK商事株式会社(大和プラスチック機械株式会社)様より開発商品の拡販にご協力頂きました。
1996年9月 マイクロパーティングキャッチャー 特許取得
特許第2534974
1997年4月 防塵防災型クラッシャー 特許取得 特許第2597321
1998年6月 カムスピンドル・アクション式ニードル内蔵型他数個取りランナーレス成形装置
特許取得 特許第2761865
2000年3月 貯音波エネルギーを応用ホットランナー方式 特許取得 特許第2896885
貯音波エネルギーを応用スプルレスミニランナー装置方式実用新案取得
実用新案 第3069060
2002年11月 ストランド用X軸Y軸2次元方向クーリング・レンゲス調節装置装備型ペレット再生装置 特許取得 特許第3364835
2003年2月 ストランド用クーリング・レンゲス調節自在機能装備型合成樹脂原料ペレット再生装置 特許取得 特許第3396758
2003年8月 合成樹脂射出成形原料定量供給用可変容積型スイング・アクション式ダンパー式計量装置 特許取得 特許第3396757
2003年8月 セットアップ並びにノックダウン自在の多目的ミル 特許取得 特許第3458211
2003年8月 不良品混入ロット・ノックアウト装置及び秤量用零点アジャスティング・メカを装備パケット付ニューマチックス・トランスファーシステム 特許取得 特許第3463199
2003年11月 成形機能パーツ類専用キャリング・トランファー装置 特許取得 特許第3491154
2005年1月 スクリュー回転による横型の超小型ミニ成形機開発に着手
2005年6月 除湿乾燥・熱風乾燥の選択自在なる合成樹脂原料乾燥装置に於けるドライイングシステム 特許取得 特許第3687003
2008年4月 私事都合により株式会社明星金属工業所 円満退社
2008年5月 京セラ株式会社様 共有特許 特許第4510980
2008年6月 韓国中小企業庁要請により技術顧問就任
2008年7月 韓国株式会社大雄技研開発顧問就任
2008年7月 DMK JAPAN創業
東南アジアを主にミニランナー装置及び成形合理化機器、韓国株式会社大雄技研製造販売を行う。(ホットランナー・コールドゲートシステムの特許製品の製造権を1996年4月株式会社明星金属工業所より韓国株式会社大雄技研に売買契約を実行し契約成立)
2011年8月 DMK KOREA CO:LTD設立 資本金5000万WDMK JAPANグループとし成形合理化機器製造販売
2011年8月 DMK JAPAN株式会社設立
資本金4,500,000
日本国内にホットランナーシステム及び射出成形合理化機器販売
2014年4月 DMK JAPAN株式会社 寝屋川工場新設
2015年2月 旧株式会社明星金属工業所特許権保有分、発明者として破産管財人との売買契約書、譲渡契約成立,1件京セラ株式会社と持分による共有者の同意書成立、現在特許庁に移転登録申請中
2015年2月 新規製品開発中 成形製品・ランナー分離装置 駆動機レス分離装置(エアーにて攪拌分離ランナー・製品同時左右エアー輸送装置)別紙トピックスにて写真掲載
DMK JAPAN株式会社 代表取締役社長 小山一利
2018年5月 寝屋川工場から門真工場へ移転